チャンネル登録をしてくれた人がいたという話

apps blur button close up Uncategorized
Photo by Pixabay on Pexels.com

時々クラシックギターの演奏をブログにもあげています。1週間ほど前,アンダンティーノ王国民というTwitterの投稿を見て,自分も実際に挑戦してみました。その演奏をYouTubeを通してTwitterでシェアしたのですが,なんと!チャンネル登録をしてくれる人がいました。自分も登録者数が1名のYoutuberを名乗ることができます!ありがたいことです!笑

…というような話を,勤務先でしたその日の夜に,自分のYouTubeのチャンネル登録者数を改めてみてみると2人になっていました。これは…!2人も登録してくれた人がいるのか!すごい!と思ってよくよく調べてみたら,もう1人は自分自身でした。。。自分自身は自動でチャンネル登録されているのかな…。明日はこの話をネタにしようかと思います。

ちなみに1名の方は本当にTwitterを通じて登録をしてくださっています。誰かが興味を持ってくれているというのはこんなに幸せなことなんですね。

ブログを始めて,Twitterも同時に始めたことで,まずはクラシックギターの世界が広がりました。自分としては自身の仕事に関係のある内容を深めていこうと感じて始めたアウトプット活動ですが,意外な方向での広がりを見せています。今日は疲れもあって,日本語で感じていることを書いてみました。たまには堅くない内容をゆるーく書いてみるのもいいですね。また書こうかな。

あと,たぶんこの内容をGoogleの翻訳とかに突っ込んでもそれほど正確な翻訳をすることはまだできないんじゃないかなと思います。自分自身が英語で書いても意図している内容が100%訳しきれるわけではありませんが,こういったところに人間が言語を扱うということの良さがまだ残っている(残っていてほしい)と思います…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました